二重整形をやってみた

幼少期から一重瞼がコンプレックスだった

| 埋没法 | 二重まぶた形成

現代は、エステに通うように美容整形に通う時代とも言われているくらい以前に比べて整形に対するハードルが下がってきています。
その代表ともいえるのが二重整形ではないでしょうか。
一昔前までは「親に貰った体にメスを入れるなんて」と言われるほど整形は大掛かりな手術でしたが、今や整形は短時間で手軽にできるまさに施術へと変化してきました。
もちろん本人が求めるものによっては原形をとどめないものもありますが、きれいでいたい、若くみられたいと言うのはいつの時代も永遠のテーマなのかもしれません。
私自身も幼少期から重たい一重瞼に苦労していました。
当時はまだまだアイプチの技術もそこまで発展しておらず、外に出られる状態に仕上がったことの方が少なかったです。
社会人になりある程度化粧をするようになるとより一層一重瞼であることが気になりはじめ、思い切って某美容クリニックに行きました。
診察の結果、ダウンタイム(施術してから腫れなどが収まるまでの期間)が短いこと、理想としている二重幅が広いこと、二重が可能な限り取れないことを前提に考慮した結果埋没法と言う瞼を何点かの糸で留めて二重を作る方法を選びました。

幼少期から一重瞼がコンプレックスだった二重整形で埋没法に挑戦二重になったことで人生が変わった!毎日楽しい!